公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

大会情報/競技部門

総合選手権男子 大会情報

 「全日本総合男子選手権大会」は1955年に創設された大会である。第1回大会~第38回大会まで「全日本一般男子選手権大会」と呼称されており、1993年に「日本選手権」(実業団、クラブ、大学、教員のチャンピオンチームを集めて行われていた大会)を統合し、「全日本総合男子選手権大会に改称。今日に至っている。

 「全日本総合男子選手権大会」は、サッカーでいえば「天皇杯」のような大会。大学、実業団、クラブ等、登録するカテゴリーは違っても、各都道府県予選・地区予選を勝ち抜きさえすれば、どんなチームでも大会に参加することができる。

  現行のルールでは、前年度、日本男子リーグ東日本・西日本リーグの決勝トーナメントに進出したチーム(上位4チーム・計8チーム)は予選なしで本大会から出場。また、前年度の優勝チーム・準優勝チームも予選を免除され、ストレートで本大会に出場することができる。

  過去の大会では、1964年の第10回大会から1966年の第12回大会まで日本製鋼広島(中国地区代表)が大会3連覇を達成。また、1992年の第38回大会~1994年の第40回大会まで好投手・大村明久を擁する山形県庁(山形)も3連覇を成し遂げている。
  2010年の第56回大会を制した高知パシフィックウェーブ(高知)は、翌年も決勝まで駒を進めたが、悪天候のため、決勝戦が実施できず、平林金属(岡山)とともに同時優勝。翌年も決勝まで勝ち進み、その平林金属(岡山)と2年越しの決勝戦となったが、惜しくも敗れ、準優勝。大会記録に並ぶ「3連覇」はならなかった。

  昨年のこの大会では「連覇」を狙う平林金属(岡山)と「2年ぶり3度目」の頂点を狙う高崎市役所(群馬)が決勝で激突。延長8回に及ぶ「大激戦」を「王者」平林金属(岡山)が制し、見事「連覇」を成し遂げた。

2018

総合選手権男子/大会情報

第64回全日本総合男子選手権

期間
9月15日~17日
監督会議・開会式
14日
場所
京都府 福知山市
参加チーム数
32
PageTop