公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

大会情報/競技部門

中学生男子 大会情報

  中学生男子の全国大会は、春に行われる「都道府県対抗全日本中学生男子大会」、夏に開催されている(公財)日本中体連の「全国中学校男子大会」、クラブチームでも参加が可能な「全日本中学生男子大会」の3つの大会がある。

  春の「都道府県対抗全日本中学生男子大会」は、2005年に創設された大会で、2011年から「スポーツ拠点事業」として岡山県新見市が開催しており、10年連続で新見市で開催されることが決まっている。 この大会は、学校単位ではなく、都道府県で選抜チームを編成し、48チーム(開催地は2チーム出場)が出場できる大会であるが、昨年度(2016年)は16チームの参加に留まっている。
  これは小学生ではスポーツ少年団等、女子以上のチーム登録数・競技人口を誇っていながら、中学校の部活動では男子のソフトボールは極端に数が少なく、また、地域のクラブチーム等も未整備であることが影響している。
  この大会は、各都道府県全体のレベルアップや指導者の育成も視野に入れた大会で、特定の強豪校がある場合、全国大会に出場できる学校は限られてしまうため、学校単位ではなく、都道府県単位で選抜チームを編成。特定の強豪校以外の選手でも「全国大会」に出場する道が拓け、そのチャンスを広げることによって、選手たちに「目標」を与え、都道府県全体の活性化につなげていこうというものである。
  また、選手だけではなく、都道府県全体の取り組みとして、指導者育成を図り、競技力全体の底上げを図る狙いもある。
  この大会のMVPにあたる活躍を見せた選手には、JOC(公益財団法人日本オリンピック委員会)から「JOCジュニアオリンピックカップ」が授与されている。

  夏の全国中体連「全国中学校男子大会」は、この中で最も歴史のある大会で、男子は昭和61年にスタート。現在は夏の中体連の1種目として統合され、女子の開催回数に合わせる形で行われているため、今年で39回目を数えることになる。高校生のインターハイのような「総合体育大会」(全国中学校体育大会)の中で行われる大会であり、都道府県予選、地区予選(北海道、東北、関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州の9地区)を勝ち抜いた16チームによって覇が競われる。

 「全日本中学生男子大会」は、2001年に創設された大会で、創設以来、大阪・舞洲を舞台に大会が開催されている。
  この大会は、クラブチームでも参加が可能で、他とはまた違った特色のある大会として定着している。昨年(2016年)の参加チーム数は、女子の部の48チームに比べ、男子の部は17チームしかないのは寂しい限りである。
  男子ソフトボールの「未来」を考えるとき、この中学生の段階が大きな問題点であり、克服すべき課題であることは間違いない。

2016

中学生男子/大会情報

第12回都道府県対抗全日本中学生男子大会

期間
平成28年3月26日~ 28日
監督会議・開会式
25日
場所
岡山県 新見市
参加チーム数
16

第16回全日本中学生男子大会

期間
8月12日~ 14日
監督会議・開会式
11日
場所
大阪府 大阪市
参加チーム数
17

第38回全国中学校男子大会

期間
8月20日~ 22日
監督会議・開会式
19日
場所
福井県 敦賀市
参加チーム数
16

第13回都道府県対抗全日本中学生男子大会

期間
平成29年3月25日~ 27日
監督会議・開会式
24日
場所
岡山県 新見市
参加チーム数
19
PageTop