公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

大会情報/競技部門

大学男子 大会情報

 “大学の歴史は日本体育大と共に在り”といっても過言ではないほど、日本体育大の強さは際立っており、1970年からの6連覇を最高に28回の優勝回数を誇っている。
  ウィンドミル投法の元祖・故下奥信也監督のもと、三宅豊、北義男、大村明久、宮平永義、高橋速水ら次々と好投手を輩出。日本のソフトボール界をリードし、支える存在として君臨してきた。
  しかし、2009年を最後に優勝から遠ざかっており、その後は、かつて「世界のエース」として名を馳せた西村信紀が監督としてチームを率いる環太平洋大が二度「頂点」に立ち、早稲田大が「3連覇」を達成する等、群雄割拠の「戦国時代」に突入している。

  大学のカテゴリーでの「全国大会」は、このインカレ(全日本大学男子選手権大会)だけだが、東日本インカレ・西日本インカレや東京都リーグ、関東リーグ、東海リーグ、関西リーグ等、各地区でのリーグ戦も盛んに行われている。
  また、大学チームであっても「全日本総合男子選手権大会」の各都道府県予選・各地区予選を突破すれば本大会出場への道が拓ける。 国民体育大会も、大学生が各都道府県の選抜チームに入ることは珍しくないし、チーム全体が都道府県の代表チームとなり、ブロック予選を勝ち上がり、本大会へ出場したケースもある。「チャンス」はいろいろなところに広がっているのである。

  かつて大学のチームが、「日本のトップ」を争っていた時代が確かにあった。また、その「トップレベル」のソフトボールを知る者たちが教員となり、全国にソフトボールを普及させ、新たな競技人口を生み出し、その競技レベルを向上させてきた。
  時代は確かに変わっている。しかし、大学には「変わらぬ役割」を期待したいものである。

2016

大学男子/大会情報

第51回全日本大学男子選手権

期間
8月26日~ 29日
監督会議・開会式
26日
場所
鹿児島県 南九州市
参加チーム数
40
PageTop