公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

大会情報/生涯部門

シニア 大会情報

  シニアとは、(公財)日本ソフトボール協会・チーム登録規程で「同一都道府県内に居住または勤務する59歳以上(当該年度4月1日現在)の男子によって編成されたチーム」と定められている。大会創設当初は、年齢の制限が「60歳以上」であったが、全国健康福祉祭(愛称:ねんりんピック)のソフトボール競技の参加資格が「59歳以上」であったことから、それに合わせる形となり、現在に至っている。
  この「シニア」も生涯種別であり、生涯種別の試合・大会はゴムボールを使用して行われる。

  シニアの全国大会は、現在「全日本シニア大会」が開催されており、各都道府県予選を勝ち抜いた48チーム(開催地は2チーム出場)が一堂に会し、例年9月下旬~10月初旬に開催されている。
  この大会は、1987年に創設された大会で、壮年大会に続いて創設された生涯種別では2番目に長い歴史を持つ大会である。また、創設初年度は春季大会と秋季大会が行われており(大会の歴史的には春季・秋季合わせて「第1回」とカウントしている)、翌年の第2回大会から年1回の開催となっている。

  大会結果をみると、上郷クラブ(長野)が1988年の第2回大会~1990年の第4回大会まで3連覇(1987年の第1回大会/春季大会を制した上郷クラブAを含めると4連覇)を飾っているが、その後は毎年優勝チームが変わる状況が続いていたが、2015年の第29回大会~2016年の第30回大会で、好投手・安武雄二を擁するK・Sクラブ(熊本)が連覇を達成。今年、「3連覇」に挑むことになる。

  K・Sクラブ(熊本)の「エース」安武雄二は、2013年の第27回大会でチームを初優勝に導いているが、同年の「第22回全日本実年大会」にも三友クラブ(熊本)の「エース」として出場。10歳近くも「年下」の選手を相手に優勝を成し遂げるという「快挙」を成し遂げ、シニア・実年のダブルタイトルを手にしている。

2016

シニア/大会情報

第30回全日本シニア大会

期間
9月23日(金)~ 25日
監督会議・開会式
22日
場所
福井県 福井市・越前市・越前町
参加チーム数
48
PageTop