公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

国際大会情報

国際大会情報 第7回アジア女子ジュニア選手権大会


試合レポート

試合
第7回アジア女子ジュニア選手権大会
予選リーグ第2戦  女子GEM3(U19) 日本代表 vs 韓国
会場
フィリピン・アンヘレス
日時
大会第1日 5月13日(日)
  1 2 3 4 5 6 7 R
韓国 0 0 0 0 0
女子GEM3(U19) 2 8 0 x 10
※大会規程により4回得点差コールド
先攻
韓国
後攻
女子GEM3(U19)
バッテリー
投手:○坂本実桜(2回)、増田侑希(2回)
捕手:藤原麻由、小島あみ
打撃成績
〔本塁打〕工藤環奈、白石千晴
〔三塁打〕工藤環奈、小島あみ
〔二塁打〕藤原麻由、奥田芽衣、山田柚葵、大越玲那
スターティングラインアップ
(三)白石 穂花
(遊)伊波 菜々
(二)奥田 芽衣
(一)工藤 環奈
(DP)小島 あみ
(中)大谷 聖良
(右)白石 千晴
(左)山田 柚葵
(捕)藤原 麻由
FP(投)坂本 実桜


1回表
ショートフライ、ピッチャーライナーで二死となった後、四球の走者を出したが、後続を三振に打ち取り、スリーアウト。無得点。
0
1回裏
1番・白石穂花がセンター前ヒットで出塁。ワイルドピッチで二塁へ進み、2番・伊波菜々のピッチャーライナーで一死となった後、3番・奥田芽衣のレフトフライで二塁走者がタッチアップから三塁へ進塁。4番・工藤環奈、5番・小島あいの連続三塁打で2点を先制!
2
2回表
連続三振、サードゴロで三者凡退。無得点。
0
2回裏
二死走者なしから9番・藤原麻由の右中間二塁打、1番・白石穂花のセンター前ヒット、2番・伊波菜々のレフト前ヒット、3番・奥田芽衣の右中間二塁打、4番・工藤環奈の中越本塁打等で一挙5点を追加。さらに5番・小島あみの安打、6番・大谷聖良の四球で二死一・二塁とし、7番・白石千晴の中越スリーランで3点を追加。この回大量8点を加え、女子GEM3(U19)日本代表が10-0とリード!
8
3回表
センターフライ、ライトライナー、ファーストゴロで三者凡退。無得点。
0
女子GEM3(U19)日本代表、投手交代。坂本実桜→増田侑希
3回裏
一死から代打・大越玲那が二塁打を放ったが、後続なく無得点。
0
4回表
サードゴロ、ショートゴロ、三振で三者凡退。大会規程により10-0の4回得点差コールドで試合終了。この試合も四球の走者を一人許しただけのノーヒットに抑え、完勝。女子GEM3(U19)日本代表が大会初日のダブルヘッダーに2試合連続のコールド勝ちで好スタートを切った。
0
4回裏
x
PageTop