公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

国際大会情報

国際大会情報 第7回アジア女子ジュニア選手権大会


試合レポート

試合
第7回アジア女子ジュニア選手権大会
予選リーグ第6戦 女子GEM3(U19) 日本代表 vs タイ
会場
フィリピン・アンヘレス
日時
大会第3日 5月15日(火)
  1 2 3 4 5 6 7 R
タイ 0 0 0 0
女子GEM3(U19) 11 0 4x 15
※大会規程により、3回得点差コールド
先攻
タイ
後攻
女子GEM3(U19)
バッテリー
投手:○山下千世(3回)
捕手:炭谷遥香
打撃成績
〔本塁打〕大谷聖良、大越玲那
〔三塁打〕山田柚葵、上杉緋呂、工藤環奈
〔二塁打〕曽根はん奈、伊波菜々、炭谷遥香
スターティングラインアップ
(DP)曽根 はん奈
(左)山田 柚葵
(捕)炭谷 遥香
(三)大谷 聖良
(一)大越 玲那
(右)上杉 緋呂
(中)白石 千晴
(二)工藤 環奈
(遊)伊波 菜々
FP(投)曽根 はん奈
1回表
空振り三振、ファーストゴロで二死となった後、3番打者にレフト線へヒットを打たれたが、4番打者をサードゴロに打ち取り、スリーアウト。無得点。
0
1回裏
1番・曽根はん奈、2番・山田柚葵の連続長打で早々と1点を先制。猛攻の口火を切ると、なお無死三塁から、パスボールで1点を追加。一死後、4番・大谷聖良がセンター前ヒットを放ち、出塁。5番・大越玲那のショートゴロが敵失となり、一死一・二塁となった後、6番・上杉緋呂がタイムリースリーベースを放ち、二者が生還。二死後、8番・工藤環奈、9番・伊波菜々の連続長打で1点を追加し、二死二塁から、ワイルドピッチ、敵失で7点目。なお二死二塁とチャンスが続き、2番・山田柚葵、3番・炭谷遥香の連続長短打で2点を加え、二死二塁から、4番・大谷聖良にこの日2本目となるツーランホームランが飛び出し、大量11得点!アッという間に試合を決めてしまった。
11
2回表
二者連続空振り三振、レフトファウルフライで三者凡退。無得点。
0
2回裏
セカンドゴロ、センターライナー、レフトライナーで三者凡退。無得点。
0
3回表
一死後、9番打者に内野安打を許したが、続く1番打者のショートゴロが6-4-3とわたるダブルプレーとなり、スリーアウト。無得点。
0
3回裏
この回先頭の9番・伊波菜々がライト前ヒットを放ち、出塁。すかさず盗塁を仕掛けると、相手捕手の二塁への送球が乱れ、一気に三塁まで進塁。続く1番・曽根はん奈のセンター前タイムリーで本塁へ還り、1点を追加。なお無死一塁から、2番・山田柚葵のファースト前送りバントに敵失が絡み、一塁走者が三塁まで進塁。一死後、4番・大谷聖良の死球で満塁となり、この絶好のチャンスで5番・大越玲那がレフトの頭上を越える満塁ホームラン!4点を加え、15-0となったところで3回得点差コールドゲームが成立。女子GEM3(U19)日本代表はこの日もダブルヘッダーに連勝し、開幕から無傷の「6連勝」。予選リーグも残すところ1試合、「全勝」での決勝トーナメント進出へ突き進む!
4x
PageTop