公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

国際大会情報

国際大会情報 第7回アジア女子ジュニアソフトボール選手権大会


試合レポート

試合
第7回アジア女子ジュニアソフトボール選手権大会
決勝トーナメント 決勝戦 女子GEM3(U19) 日本代表 vs チャイニーズ・タイペイ
会場
フィリピン・アンヘレス
日時
大会第6日 5月18日(金)
  1 2 3 4 5 6 7 R
チャイニーズ・タイペイ 0 0 0 0 0 0 0 0
女子GEM3(U19) 1 2 1 0 0 0 x 4
先攻
チャイニーズ・タイペイ
後攻
女子GEM3(U19)
バッテリー
投手:○増田侑希(7回)
捕手:藤原麻由
打撃成績
〔本塁打〕
〔三塁打〕
〔二塁打〕大谷聖良、炭谷遥香
スターティングラインアップ
(左)白石 千晴
(遊)伊波 菜々
(三)奥田 芽衣
(二)工藤 環奈
(DP)小島 あみ
(右)小西 彩未
(捕)藤原 麻由
(中)大谷 聖良
(一)炭谷 遥香
FP(投)増田 侑希
1回表
空振り三振、ファースト前バント、空振り三振で三者凡退。無得点。
0
1回裏
1番・白石千晴、2番・伊波菜々の連打で先制の口火を切ると、3番・奥田芽衣はストレートのフォアボールで無死満塁。この先制のチャンスで4番・工藤環奈がレフトへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。頼れる「キャプテン」の一打で「アジアNo.1」の座をかけた「大一番」、女子GEM3(U19)日本代表が幸先良く1点を先制!
1
2回表
この回先頭の4番打者にレフト前ヒットを打たれ、走者を出したが、5番打者のピッチャーライナーで一塁走者が飛び出し、一瞬にしてダブルプレー。二死走者なしとなり、続く6番打者をサードゴロに打ち取り、スリーアウト。無得点。
0
2回裏
一死から8番・大谷聖良、9番・炭谷遥香の二者連続二塁打でまず1点を追加。続く1番・白石千晴がレフト線を破るタイムリーを放ち、二塁走者が一気に生還。この回2点を追加し、女子GEM3(U19)日本代表が3-0とリードを広げる。
2
3回表
ショートゴロ、セカンドライナー、レフトフライで三者凡退。この「大一番」で先発を任された増田侑希が快調なピッチング!
0
3回裏
この回先頭の5番・小島あみがライト前ヒットで出塁。6番・小西彩未のファーストゴロが敵失を誘い、無死一・二塁となった後、7番・藤原麻由のセンター前に運ぶタイムリーで二塁走者が還り、1点を追加。女子GEM3(U19)日本代表が4-0とリードを広げる。
1
4回表
この回先頭の1番打者がフェアテリトリーで自打球に触れ、「不正打球」で一死。後続をショートゴロ、ショートライナーに打ち取り、スリーアウト。無得点。
0
4回裏
この回先頭の2番・伊波菜々が四球を選び、出塁。一死後、4番・工藤環奈のセンター前ヒットで一・三塁とチャンスを広げたが、後続なく……無得点に終わる。
0
5回表
レフトフライ、空振り三振、ショートゴロで三者凡退。無得点。
0
5回裏
センターフライ、ピッチャーゴロで二死となった後、8番・大谷聖良がサードの横を抜くヒットで出塁。すかさず盗塁を成功させ、得点圏に走者を進めたが、後続がセカンドゴロに倒れ、スリーアウト。無得点。
0
6回表
この回先頭の7番打者がセカンドゴロエラーで出塁。8番打者を空振り三振に斬って取り、一死とした後、続く9番打者のピッチャーゴロで二塁封殺を狙ったが、ピッチャーからの送球をセカンドが捕球できず(記録はエラー)、一死一・二塁。この試合初めて得点圏に走者を進められたが、1番打者のショートゴロが6-4-3と転送され、鮮やかなダブルプレー。日本の「お家芸」である堅い守りでピンチを切り抜け、スリーアウト。得点を許さず!!
0
6回裏
サードゴロ、ショートゴロで二死走者なしとなった後、3番・奥田芽衣のライト前ヒット、パスボール、4番・工藤環奈の四球で二死ながら一・二塁の追加点のチャンスをつかんだが、後続がショートゴロに打ち取られ、スリーアウト。「あと一本」が出ず、追加点を挙げることができず、無得点。女子GEM3(U19)日本代表が4-0とリードしたまま、最終回へ。
0
7回表
ピッチャーゴロ、セカンドフライ、空振り三振で三者凡退、試合終了。4-0で女子GEM3(U19)日本代表が勝利し、優勝! 先発・増田侑希が打たせて取る丁寧なピッチングでチャイニーズ・タイペイ打線をわずか1安打に抑え、完封勝利。女子GEM3(U19)日本代表が、前回(第6回大会)、「ジュニア世代の強化」のため、あえて「一つ下」のカテゴリーである女子GEM2(U16)日本代表を出場させ、3位に終わった「仇討ち」を果たし、2大会ぶりの「王座奪還」を果たし、「アジアの頂点」に立った。
0
7回裏
x

大会MVP、ベストスラッガー賞、打点王、本塁打王、の4冠に輝いた工藤環奈選手

最優秀投手賞を受賞した増田侑希投手

首位打者に輝いた奥田芽衣選手

盗塁王に輝いた伊波菜々選手

PageTop