公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

女子U19・U16

女子U19・U16 女子U19・U16の歩み

女子U19日本代表

  女子U19日本代表は、第1回大会(1981年)で男女アベック優勝を果たしたのを皮切りに、第4回大会(1991年)、第6回大会(1999年)、第7回大会(2003年)、第10回大会(2013年)で優勝。アメリカと並び、優勝5回と大会史上最多となる優勝回数を誇っている。

  ジュニア世界選手権は、第2回大会までが男女同時開催。第3回大会から男女別に開催されるようになった。

  1981年の第1回大会では予選リーグ6勝3敗の3位と苦しんだものの、決勝トーナメントで破竹の快進撃を見せ、「世界一」に。1985年の第2回大会は惜しくも準優勝。1987年の第3回大会では3位に終わったが、1991年の第4回大会では、後にオリンピックにも出場する小林京子(1996年アトランタ)、原田教子(1996年アトランタ)、塚田恵美(1996年アトランタ)、吹田育子(1996年アトランタ)、小関しおり(2000年シドニー銀メダリスト)らの活躍で予選リーグ10勝1敗の快進撃。1位で決勝トーナメントへ駒を進めると、決勝トーナメントの初戦ではアメリカに0-1のサヨナラ負けを喫したものの、敗者復活戦に回り、3位決定戦で中国を3-0で破ってアメリカの待ち受ける決勝へ進出。決勝でもアメリカを1-0で下し、2度目の「世界一」に輝いた。

  1995年の第5回大会は、髙山樹里(1996年アトランタ4位、2000年シドニー銀メダリスト)、山田美葉(2000年シドニー銀メダリスト)のバッテリーを中心に、伊藤良恵(2000年シドニー銀メダリスト、2004年アテネ銅メダリスト)らの活躍で、決勝まで駒を進めたものの、惜しくも準優勝。「連覇」はならなかった。

  1999年の第6回大会は、上野由岐子(2004年アテネ銅メダリスト、2008年北京金メダリスト)、増淵まり子(2000年シドニー銀メダリスト)を「Wエース」とし、大会を通じてわずか1失点。打線も、三科真澄、佐藤理恵(ともに2004年アテネ銅メダリスト、2008年北京金メダリスト)が揃う「黄金世代」が他を寄せつけず、予選リーグ・決勝トーナメントを通じて、「無敗」のまま、「完全優勝」。3度目の「世界一」に輝いた。

  2003年の第7回大会も、「エース」坂本直子(2004年アテネ銅メダリスト)、俊足好打の狩野亜由美(2008年北京金メダリスト)を中心としたチームが連戦連勝の快進撃。前回大会に続き、予選リーグ・決勝トーナメントを通じて「無敗」のまま、「完全優勝」。4度目の「世界一」の座についた。

 

  2007年の第8回大会は、峰幸代(2008年北京金メダリスト)がキャプテンを務め、チームを牽引したが、惜しくも決勝で「宿敵」アメリカに敗れ、準優勝。2011年の第9回大会も長﨑望未(現・トヨタ自動車 レッドテリアーズ)ら強力打線が打ちまくり、予選リーグ・決勝トーナメントを「無敗」で勝ち進み、セミファイナルでは「宿敵」アメリカにコールド勝ちを収めたものの、決勝では「まさか……」の満塁ホームラン一発に沈み、1-4で敗れ、2大会連続で優勝を逃した。

  大会の開催が4年に一度から2年に一度に変更となった2013年の第10回大会では、逆にアメリカが予選リーグから「無敗」どころか、「無失点」で勝ち進み、セミファイナルでも日本に4-0の完封勝ち。しかし、日本は敗者復活戦を勝ち上がり、再び決勝でアメリカと対戦すると、打ってはキャプテン・奥田茉優希(現・日立 サンディーバ)の先制タイムリー、青木千春(現・太陽誘電 ソルフィーユ)のスリーランホームランで4点を奪い、守っては中野花菜・我妻悠香(ともに現・ビックカメラ高崎 BEE QUEEN)のバッテリーがアメリカ打線を完封。4-0で快勝し、5度目の「世界一」に輝いた。

  2015年の第11回大会は、那須千春(現・日立 サンディーバ)をキャプテンとするチームで「連覇」に挑んだものの、決勝でアメリカに敗れ、準優勝に終わっている。

各大会の出場選手名簿はこちら

PageTop