公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

ニュース

ニュース 男子U-19

平成29年度
男子GEM2(中学3年生)日本代表チーム
代表選手17名が決定!

男子U19日本代表は「世界一」に輝いた! GEM2もそれに続け!!

投手陣は全国中学校大会の優勝投手・岡本宗士投手を筆頭に5名を選出

捕手は全国中学校大会優勝の田村健悟選手ら2名を選出

野手は内野手6名・外野手4名を選出

ヘッドコーチは高崎市立佐野中学校の吉沢雅美監督(写真右端)
に決定! 創部3年目で全国ベスト4に導いた手腕に期待!!

 来る11月1日(水)~5日(日)、中国・香港で開催が予定されている「第6回アジア男子ジュニア選手権大会」に出場する男子GEM2(中学3年生)日本代表チームの選手17名が決定。正式に発表された。

 この「第6回アジア男子ジュニア選手権大会」は、U19(19歳以下)対象の大会であり、該当カテゴリーの各国代表チームが参加する大会であるが、(公財)日本ソフトボール協会選手強化本部会では、大会の競技レベル等を勘案し、その対象となるカテゴリーではなく、「一つ下」のカテゴリーである中学3年生を対象に、「日本代表」チームを編成。大会へ派遣することになった。

 U19(19歳以下)を対象とした大会は、「世界男子ジュニア選手権大会」があり、昨夏、アメリカ・ミッドランドで開催された「第11回世界男子ジュニア選手権大会」では、日本が35年ぶり2度目の優勝を飾り、「世界の頂点」に立ったことは記憶に新しい。
 また、11月16日(木)~18日(土)には、静岡県伊豆市・天城ドーム、あまぎふるさと広場野球場を会場に、「平成29年度 男子U19日本代表チーム選手選考会」(2018年 第12回世界男子ジュニア選手権大会出場選手選考会/選考会の詳細はこちら)の開催が決まっており、この厳しい選考を経て、選び出された選手たちが、今度は「初」の「連覇」をかけて世界選手権に臨み、「日本代表」として戦うことになる。

 一方、これまで「中学生」を対象とした国際大会が開催されていないこともあり、将来有望な中学生選手に「新たな目標」を創出すべく、「初の試み」として本年度の中学3年生を対象として日本代表チームを編成。「第6回アジア男子ジュニア選手権大会」への派遣を決定するに至ったのである。

 今回の大会派遣の趣旨・目的は、今後、高校進学後はもちろん、さらには大学、実業団、クラブチーム等で将来にわたってソフトボールを続け、U19日本代表はもとより、「TOPチーム」である「日本代表」をめざすモチベーションを高めることにあり、「日本代表」を頂点とした継続的な強化システムの構築をめざすための「第一歩」として位置づけられている。

 今回の大会派遣・日本代表チームの編成を契機として、ジュニア世代の選手の発掘・育成・強化を行うと同時に、それに携わる指導者の育成を並行して行い、TOPチームを頂点とする一貫指導システムの構築、世界に通用する選手・指導者の育成、「世界一」を狙える代表チーム作りを「最終目標」に据え、新たなジュニア世代の強化がスタートを切ることになる。

 代表選手の選考は、まず所属チーム・学校の推薦を受け、さらに各都道府県支部ソフトボール協会が精査の上、自信を持って推薦した「精鋭」を、(公財)日本ソフトボール協会強化委員が選考対象大会である「第17回全日本中学生男子大会:」(8月12日~14日/大阪府)、「第39回全国中学校男子大会」(8月18日~20日/鹿児島県)を視察。大会での実際のプレーを選考の対象とし、日本代表選手17名を選考・決定した。

 この「初」の試みとなる男子GEM2(中学3年生)日本代表チームの編成と大会派遣。「第6回アジア男子ジュニア選手権大会」では、「一つ上」のカテゴリー(U19/19歳以下)の各国代表チームと対戦することになるが、相手にとって不足なし。必ずや日本のソフトボールの「レベルの高さ」を証明するようなプレーを見せてくれることだろう。

 この試みが、男子中学生たちの「新たな目標」となり、励みとなってくれることを心から願う。そして、高校で、大学で、あるいは実業団チーム、クラブチームでソフトボールを続け、いつの日か「男子TOP日本代表」の一員となって「世界の舞台」で戦い、まだ「男子TOP日本代表」が成し遂げたことのない「世界一」を勝ち獲る「原動力」となってくれれば……と期待は膨らむ。

 この大会派遣を通じて、男子ソフトボールの魅力、楽しさ、面白さを、自らが改めて確認する機会とするとともに、アジアの「仲間」たちと「ソフトボール」を通じて語り合い、心を通わせ、その「輪」を広げていってほしい。また、ここで出会った各国の選手たちとの交流によって築かれた「心の架け橋」は、きっと「生涯の財産」となることだろう。

 いずれにしても、今回の男子GEM2(中学3年生)日本代表チームの編成・大会派遣が、男子ソフトボールの「未来」へ向けて、非常に大きな「一歩」となるはずである。そして、この「一歩」が男子ソフトボールの「活性化」へつながるものとなり、「新しい時代」の扉を開けてくれることを期待したい。

平成29年度男子GEM2(中学3年生)日本代表チーム選手団名簿
(第6回アジア男子ジュニアソフトボール選手権大会出場選手)

選手

No. 守備 氏名 支部 所属
1 投手 池田 響 熊本 熊本市立桜木中学校
(熊本オールスターズ)
2 池田 蓮 鹿児島 鹿児島市立紫原中学校
(オール鹿児島JHS)
3 岡本 宗士 高知 佐川町立尾川中学校
(佐川町立尾川・黒岩中学校)
4 片岡 久也 高知 仁淀川町立池川中学校
(仁淀川町立池川・仁淀中学校)
5 八木 孔輝 愛媛 東温市立重信中学校
6 捕手 大河原 啓太 群馬 高崎市立佐野中学校
7 田村 健悟 高知 佐川町立尾川中学校
(佐川町立尾川・黒岩中学校)
8 内野手 黒木 勝明 宮崎 門川町立門川中学校
9 永吉 飛斗 鹿児島 鹿児島市立西陵中学校
(オール鹿児島JHS)
10 西森 潤 高知 仁淀川町立仁淀中学校
(仁淀川町立池川・仁淀中学校)
11 畠山 陸 高知 佐川町立尾川中学校
(佐川町立尾川・黒岩中学校)
12 廣川 颯汰 長崎 佐世保市立広田中学校
(長崎KSC)
13 眞茅 大翔 鹿児島 南九州市立知覧中学校
(オール鹿児島JHS)
14 外野手 新井 沙稀也 埼玉 秩父市立影森中学校
(秩父ユースソフトボールクラブ)
15 飯野 和貴 群馬 高崎市立佐野中学校
16 稲垣 拓朗 群馬 新島学園中学校
17 西森 基 高知 仁淀川町立仁淀中学校
(仁淀川町立池川・仁淀中学校)

コーチングスタッフ

No. 役職 氏名 支部 所属
1 団長 三宅 豊 日本ソフトボール協会
2 ヘッドコーチ 吉沢 雅美 群馬 高崎市立佐野中学校
3 アシスタントコーチ 橋本 清 愛媛 東温市立川内中学校
4 アシスタントコーチ
兼総務
大原 留美 高知 佐川町立尾川中学校
5 トレーナー 田岡 幸一 Body Laboratory
6 事務局 藤井 まり子 日本ソフトボール協会
7 通訳 高 萍 日本ソフトボール協会
8 審判員 月岡 周郎 千葉 千葉県ソフトボール協会
9 審判員 大谷 りか 神奈川 神奈川県ソフトボール協会
PageTop