公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

ニュース

ニュース 女子U-19・U-16

「日韓ジュニアスポーツ交流事業」
(訪韓)を実施!

今年も恒例の「日韓ジュニアスポーツ交流事業」が実施された

親善交流試合を中心に、両国の競技力の向上がめざされた

今回は女子GEM2(U16)日本代表チームが派遣され、強化に励んだ

「一つ上」のカテゴリーである韓国女子U19代表チームに挑戦!

現地の「大学生」とも対戦。全力で戦いを挑んだ

6試合の親善交流試合を実施。熱戦を展開!

ソフトボールを愛する選手たちに「国境」はない!
ソフトボールを心から楽しむ「仲間」を増やそう!!

いつの日か……世界選手権、オリンピックの舞台で再会を!

 「日韓ジュニアスポーツ交流事業」(訪韓)が今年も開催され、日本・韓国の両国が「ソフトボール」を通じて交流。互いの友好親善を深め、競技力向上を図った。
 この「日韓ジュニアスポーツ交流事業」は、アジア近隣諸国とのスポーツ交流を促進し、両国の友好親善と競技力向上を目的に「相互派遣方式」で実施されており、2001年からスタートし、今年で17回目の開催となる。

 この「日韓ジュニアスポーツ交流事業」は、これまで女子U19日本代表(現・女子GEM3(U19)日本代表や全国高校女子選抜大会の優勝チームが派遣されていたが、今回から女子GEM2(U16)日本代表チームを派遣。「ひとつ上」のカテゴリーとなる韓国女子U19代表チームや大学生との試合も組まれた。
 また、この訪韓を受けて、11月13日(月)~18日(土)には韓国女子U19代表チームが来日。岐阜県揖斐川町を訪れ、今回韓国を訪問した女子GEM2(U16)日本代表チームとの親善交流試合を中心とした「受入事業」が行われる予定である。

 女子GEM2(U16)日本代表は、9月1日(金)の午後、JISS(国立スポーツ科学センター)に集合。「チーム」としての初練習を行った後、夜にはミーティングを行い、「日本代表」として常に注目される立場となること、代表選手としての自覚ある言動が求められ、「JAPAN」のユニフォームを身にまとい戦うことの意味等がコーチングスタッフから選手一人ひとりにじっくりと説かれた。
 翌2日(土)、女子GEM2(U16)日本代表は早朝、成田空港を出発。韓国・金浦空港へ向け、飛び立ち、今回の交流事業の会場となる原州市に到着した。
 訪韓時の親善交流試合は計6試合の予定が組まれ、9月3日(日)から試合がスタート。午前中1試合、午後1試合のダブルヘッダーで行われ、第1戦は韓国U19代表チームと対戦。両チーム無得点で迎えた4回表、女子GEM2(U16)日本代表チームは3番・西窪千尋、4番・松久歩未の長短打で1点を先制すると、続く5回表には7番・細谷日向の二塁打を口火に9番・横田麗羅のタイムリー等で2点を追加。6回表には4番・西窪千尋、6番・樫本心美の二塁打等で4点を加え、7点を奪うと、守っては先発・馬場千宙、2番手・吉村菜津子、3番手・渡部翠里とつなぐ投手リレーで韓国女子U19代表チームを完封。7-0の6回コールド勝ちを収めた。
 第2戦は何と現地の大学生チームと対戦。やはり「大学生」との差は大きく、3回裏に守備の乱れ、四球等で二死二・三塁のピンチを招き、タイムリーを浴びて2点を失い、5回裏にも2本の長短打等で2点を奪われ、0-4とリードされると、女子GEM2(U16)日本代表チームは6回表にようやく反撃。9番・中辻美空、1番・井上美樹の連打からチャンスをつかみ、3番・馬場千宙のライト前へのタイムリーで二者を迎え入れ、2点を返したが反撃もここまで。「大学生」の力に屈し、2-4で敗れた。

 翌日(9月4日/月)、この日もダブルヘッダーとなり、韓国女子U19代表チームと対戦。第1試合は3回表に4本の長短打を集中され、2点を先制される試合展開となったが、女子GEM2(U16)日本代表チームはその裏、すぐに反撃。相手守備の乱れに乗じて2点を返し、同点に追いつくと、4回裏には4番・吉村菜津子の内野安打からチャンスをつかみ、2つの内野ゴロで二死ながら走者を三塁へ進めると、8番・寺島咲への2球目がパスボールとなり、三塁走者が還り、1点を勝ち越し。5回裏には、3番・細谷日向のライト前タイムリー、5番・松本琴和のレフトオーバーのタイムリースリーベース等で2点を追加。5-2とリードを奪い、「勝利は目前」と思われたが、最終回、韓国女子U19代表チームの猛反撃を受け、4安打を集中され、3点を奪われ、5-5の同点に。ここで予定された時間に達し、7回裏の女子GEM2(U16)日本代表チームの攻撃は行わず、5-5の同点のまま、試合を打ち切り、引き分けとなった。
 第2試合は、再び韓国女子U19代表チームと対戦。女子GEM2(U16)日本代表チームが2回表、4安打を集中し、一挙4点を奪って先手を取れば、韓国女子U19代表チームもその裏、すぐに2点を返し、反撃。序盤から激しい点の取り合いとなったが、女子GEM2(U16)日本代表チームは4回表、代打・中辻美空、1番・樫本心美の長短打で1点を追加。5回裏には、6番・松本琴和にツーランホームランが飛び出す等、打者一巡の猛攻で大量5点を加え、二桁10得点を叩き出し、先発・渡部翠里、馬場千宙が韓国女子U19代表チームに6点を奪われながらも、打線の援護もあり、10-6で逃げ切り、2勝目を挙げた。

 9月5日(火)もダブルヘッダーとなり、第1試合は地元・大学生と再戦。序盤3点のリードを奪われ、「やはり大学生の壁は厚いか……」と思われたが、2回裏、女子GEM2(U16)日本代表チームは二死走者なしから7番・西窪千尋、8番・細谷日向の長短打で1点を返し、反撃開始。3回裏には、1番・中辻美空のセンターオーバーのソロホームラン、3番・松本琴和の三塁打とパスボールで2点を返し、3-3の同点に追いつくと、5回裏には、代打・横田麗羅のセンター前ヒットを口火に、2番・菱谷香実から7番・西窪千尋まで怒涛の6連続長短打。8番・細谷日向もキッチリとレフトへ犠牲フライを打ち上げ、打者10人を送る猛攻で一挙6点を奪い、6回裏にも1番・中辻美空、2番・菱谷香実の連打からチャンスをつかみ、相手守備の乱れから1点を追加。10-3の6回コールドで「大学生」相手に見事にリベンジを果たし、「大金星」を挙げた。
 第2試合は韓国女子U19代表チームと対戦。最終戦となるこの試合は、女子GEM2(U16)日本代表チームが「気合」を入れ直し、韓国女子U19代表チームを序盤から圧倒。初回、相手守備の乱れから先取点を挙げると、2回裏には5番・松久歩未のレフト前ヒットからチャンスをつかみ、7番・吉村菜津子の二塁打、1番・寺島咲のバント安打等で3点を追加。3回裏には5番・松久歩未、6番・細谷日向、7番・吉村菜津子の3連続長短打等で3点を加え、4回裏には4番・樫本心美、5番・松久歩未、代打・馬場千宙、7番・吉村菜津子の4連続長短打、再出場の8番・横田麗羅のレフトへの犠牲フライで大量6点を追加。13得点の猛攻を見せると、先発・山下千世、2番手・松本琴和、3番手・渡部翠里とつなぐ投手リレーで韓国女子U19代表チームを完封。13-0の4回コールドで最終戦を勝利で飾り、4勝1分1敗で6試合の親善交流試合を終えた。
 また、試合だけでなく、「合同練習」や「選手交流会」も催され、グラウンド外でも互いの交流を深め、言葉は十分に通じなくても、身振り手振り、ゼスチュアを交え、ソフトボール談義に花を咲かせた。

 今年で17回目の開催となった「日韓ジュニアスポーツ交流事業」。今回から完全な「強化」の事業となり、女子GEM2(U16)日本代表チームが派遣され、「一つ上」のカテゴリーである韓国女子U19代表チームや地元の大学生との親善交流試合を行い、強化に励んだ。
 すでに女子GEM1(U14)日本代表チームで台湾遠征を経験している選手、今夏の「カナダカップ ショーケースゴールドトーナメント」で「優勝」を勝ち獲った選手が多数を占める今回の女子GEM2(U16)日本代表チームにとっては、「一つ上」のカテゴリーであるU19代表チームや地元の大学生が相手であっても臆することなく戦い、互角以上の戦いを見せてくれた。
 早くからこういった国際経験を積んだ選手たちが、今後、女子TOP日本代表チームを「頂点」とする強化システムの中で、どんな成長を遂げていくのか、楽しみでならない。

 もちろん、この事業の趣旨・目的は、競技力向上だけでなく、言葉、民族、文化、生活習慣等の違う者同士が、「ソフトボール」という競技を通じて心を通わせることにもあり、その中で互いを「仲間」として認め合い、高い目標に向かって切磋琢磨していくことにある。その意味では、たとえ言葉や文化、生活習慣が違っても、「ソフトボール」という競技を一つのツールとして、言葉の違いなど気に留めることもなく、積極的にコミュニケーションをとり、アッという間に仲良くなっていく選手たちの姿には、両国の「明るい未来」を確信する光景を見せてくれた。
 ソフトボールに「情熱」を注ぎ、この競技を心から「愛する」気持ちがあれば、そこに国境はなく、「国際交流」「国際親善」という面では、この事業が大きな役割を果たしている。

 2020東京オリンピックで「野球・ソフトボール」の「復活」が実現し、それを2024年以降も継続させていくための「ソフトボールの課題」が「世界における競技の普及」であることは変わっておらず、日本に求められるのは「アジアにおける仲間作り」が喫緊の課題である。アジアの仲間たちと手を携え、ともに歩みを進め、アジアでの地盤・土台をより強固なものとすると同時に、「アジアから世界へ」その輪を広げていくことが「課題」となっている。

 この韓国をはじめ、女子GEM1(U14)日本代表チームの強化遠征を通じて交流のある台湾との「交流事業」は、それらを実現するための「貴重な事業」としてとらえていく必要があり、この「交流事業」を一つの足掛かりとして、その他の国々へ……その「輪」を広げていかなければならない。

 女子ソフトボールの現状は、国際大会での結果・成績を見る限り、アジアでは「日本の一人勝ち」状態にあり、世界に目を広げてみても日本とアメリカのみが「頂点」を争うような状況が続いている。しかし……アジアの現状、世界的なソフトボールの「普及」という、「ソフトボールの課題」を考えれば、いくら日本が強くても、優勝を重ねても、決して手放しで喜べる状況ではないともいえる。
 もっともっと「仲間」を増やし、真に競い合える「ライバル」がアジアに出現すること。そして、その「輪」を「アジア」から「世界」へと広げていくこと。そのためには、いつか「あの日韓交流事業がソフトボールのアジアへの、世界への、普及・浸透への第一歩だった」と評価されるような事業へと発展させていく必要があり、この「交流事業」を一つの契機として、世界中へその「輪」を広げていかなければならない。

平成29年度 女子GEM2(U16)日本代表チーム 選手名簿
( 2017 日韓ジュニアスポーツ交流事業 出場選手 )

選手

No. 守備 氏名 支部 所属
1 投手 馬場 千宙 ばば ちひろ 大阪 岸和田市立岸城中学校
2 松本 琴和 まつもと ことわ 神奈川 川崎市立野川中学校
3 山下 千世 やました ちせ 静岡 城南静岡中学校(FSトップファイヤーズ)
4 吉村 菜津子 よしむら なつこ 神奈川 横浜市立万騎が原中学校
5 渡部 翠里 わたなべ みどり 秋田 能代市立東雲中学校
6 井上 美樹 いのうえ みき 兵庫 高砂市立宝殿中学校(明石Pクラブ)
7 捕手 西窪 千尋 にしくぼ ちひろ 鹿児島 神村学園中等部
8 松久 歩未 まつひさ あゆみ 岐阜 揖斐郡大野町立大野中学校(岐阜NEXUS)
9 野手 泉 彩音 いずみ あやね 広島 三原市立第五中学校(広島プリンセス)
10 樫本 心美 かしもと ここみ 大阪 岸和田市立岸城中学校
11 田村 涼 たむら すず 高知 高知市立愛宕中学校
12 寺島 咲 てらしま さきか 長野 茅野市永明中学校(TEAMNAGANO)
13 中辻 美空 なかつじ みそら 京都 京都市立嵯峨中学校
14 菱谷 香実 ひしたに こうみ 福岡 福岡市立金武中学校(レッドドリームズ)
15 細谷 日向 ほそや ひなた 神奈川 横浜市立金沢中学校
16 山口 志帆 やまぐち しほ 宮崎 延岡市立南中学校
17 横田 麗羅 よこた れいら 高知 高知市立愛宕中学校

スタッフ

No. 役職 氏名 支部 所属
1 チームリーダー 渡辺 祐司 京都府 京都市立樫原中学校
2 強化担当 奥村 誠 石川県 石川県立寺井高等学校
3 ヘッドコーチ 吉田 央 鳥取県 北栄町立北条中学校
4 アシスタントコーチ  阿部 祐子 北海道 石狩市立花川中学校
5 総務兼トレーナー 小野 多恵子   (公財)日本ソフトボール協会

PageTop