公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
日本ソフトボール協会事務局 TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385
日本女子リーグ機構事務局 TEL.03-3481-2381 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

国際大会情報

国際大会情報 第12回世界男子ジュニアソフトボール選手権 試合レポート


試合レポート

試合
第12回世界男子ジュニアソフトボール選手権
予選リーグ第4戦  日本 vs 南アフリカ
会場
カナダ プリンス・アルバート
日時
大会第4日 7月10日(火)
  1 2 3 4 5 6 7 R
南アフリカ 0 0 5 0 5
日本 6 6 5 x 17
※大会規程により4回得点差コールド
先攻
南アフリカ
後攻
日本
バッテリー
投手:○宮本海斗(2回1/3)、大西泰河(1回2/3)
捕手:西森亜夕夢
打撃成績
〔本塁打〕関亘、西森亜夕夢、下本誠矢
〔三塁打〕松尾翔輝、杉山喜規、近森大起
〔二塁打〕松尾翔輝
スターティングラインアップ
(遊)坂田大士
(三)杉山喜規
(中)関  亘
(一)松尾翔輝
(捕)西森亜夕夢
(右)佐藤夏己
(DP)下本誠矢
(左)近森大起
(二)岩本陸弥
FP(投)宮本海斗


1回表
センターフライ、ショートゴロで二死。3番打者に一・二塁間を破られ、出塁を許したが、4番打者を見逃し三振に斬って取り、スリーアウト。無得点。
0
1回裏
1番・坂田大士、2番・杉山喜規が連続四球。3番・関亘がサード前に絶妙のセーフティーバントを決め、無死満塁と攻め立てると、4番・松尾翔輝の走者を一掃するレフトオーバーのタイムリースリーベースで3点を先制。なお無死三塁から5番・西森亜夕夢が四球を選び、無死一・三塁となり、6番・佐藤夏己の一・二塁間を破るタイムリーで1点を追加。この後も7番・下本誠矢のライトへの犠牲フライ、9番・岩本陸弥のセンター前タイムリー等で1点ずつ加え、一挙6点を奪う!
6
2回表
ライトフライで一死。6番打者にセンター前ヒットを打たれ、一死一塁。さらに7番打者の送りバントで二死二塁、8番打者への死球で二死一・二塁となったが、9番打者を空振り三振に仕留め、スリーアウト。得点を許さない!
0
2回裏
2番・杉山喜規がライトオーバーのスリーベースを放ち、チャンスメイク。3番・関亘のライト前に運ぶタイムリーで生還し、1点を追加。なお無死一塁から4番・松尾翔輝がセカンド強襲ヒットを放ち、これがツーベースとなって無死二・三塁とすると、続く5番・西森亜夕夢の打席でのワイルドピッチの間にさらに1点を追加。この後も攻撃の手を緩めることなく、6番・佐藤夏己のライト前タイムリー、8番・近森大起のショートへの内野安打、1番・坂田大士のレフトへのタイムリー等で着々と加点。初回に続いて一挙6点を奪う。
6
3回表
四球、ヒットで無死二・三塁。3番打者を空振り三振に仕留めたが、4番打者に再び四球を与え、一死満塁。さらに5番打者の打席でのワイルドピッチの間に1点を返されてしまう。
日本、宮本海斗→大西泰河へ投手交代
5番打者、6番打者に連続四球を与え、一死満塁。7番打者を見逃し三振に仕留めたものの、8番打者に死球を与えてしまい、押し出し。9番打者にもレフト線へのポテンヒットを打たれ、二者生還を許す形となり、「まさか」の5失点を喫する。
5
※日本:代打で入った中村祥悟、日髙慶明がそれぞれセカンド、サードのポジションに入る
※日本:宮本海斗→大西泰河へ投手交代
3回裏
この回先頭の3番・関亘が「お返し!」とばかりにセンターへ豪快なソロホームランを叩き込み、1点を追加。4番・松尾翔輝も一・二塁間を破るヒットで続くと、5番・西森亜夕夢がレフトへツーランホームランを突き刺し、2点を追加。6番・佐藤夏己はセカンドゴロに倒れ、一死となったが、7番・下本誠矢が「今大会2本目」となるソロホームラン。さらに8番・近森大起がセカンド強襲ヒット(※記録は三塁打)で出塁し、チャンスを作り直し、前の回に代打で入った9番・中村祥悟のセカンドゴロの間に本塁へ生還。この回5点目を挙げた。
5
4回表
セカンドゴロ、空振り三振、ライトフライで三者凡退。スリーアウト。 大会規程により男子U19日本代表が17-5で4回コールド勝ちを収め、予選リーグ「4連勝」を飾った!!
0
4回裏
x

YouTube LIVEチャンネル https://www.youtube.com/wbsc

PageTop