公益財団法人日本ソフトボール協会

〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館内
TEL.03-3481-2380 FAX.03-3481-2385

公益財団法人
日本ソフトボール協会

選手育成

選手育成 GEMプロジェクト GEM3

2016

GEM3(U19/19歳以下)日本代表

  GEM3は、女子TOP日本代表に連なる強化事業の「サードステップ」というべき段階であり、高校2年生・高校3年生、大学1年生、日本リーグ(実業団)、クラブチーム等の1年目の選手が対象となる。

  2016年(平成28年度)のGEM3の強化事業は、12月5日(月)~7日(水)の3日間にわたり、愛知県安城市・デンソー女子ソフトボール部グラウンドを会場に、国内強化合宿を実施した。

  本来であれば、12月7日(水)~13日(火)、タイ・チャイヤプームで開催が予定されていた「第11回アジア女子選手権大会」に派遣され、中国、チャイニーズ・タイペイといった「アジアの強豪」の「一つ上のカテゴリー」である「フル代表」を相手に大会に参戦する予定が組まれていたが、タイ国王の死去により、国全体が「喪に服す」意味もあり、大会が中止となってしまい、貴重な強化の機会、大会への派遣機会を逸してしまった。

  このままでは、せっかく選ばれた選手の活動・強化の機会を失ってしまうと、日ソ協選手強化本部会、GEMプロジェクト委員が奔走。日本リーグ所属チーム、各党道府県協会に協力を要請し、1部リーグに3チーム(トヨタ自動車、豊田自動織機、デンソー)が所属する愛知県、デンソーの本拠地である安城市での強化合宿が実現した。

  この合宿では、GEM1(女子U14日本代表)中央選考会でお馴染みの、日本体育大・船渡和男教授に協力を仰ぎ、選手個々の測定を実施。選手たちが現時点でどの程度の身体能力・運動能力を有しているかをチェック。測定項目は、柔軟性(長座体前屈)、筋力(握力、背筋力、上体起こし、腕立て伏せ)などに加え、遠投力、走能力テスト(30m走)、反復横とび、立ち幅跳び、メディシンボール投げなど、フィールドテストも実施。今後の選手強化に必要な貴重なデータを測定し、積み上げていくと同時に、選手たちの基本的な身体能力・運動能力が「評価」された。

  合宿2日目・3日目は、日本リーグ1部に所属するトヨタ自動車、豊田自動織機、デンソーの協力もあり、女子TOP日本代表に選出されている選手を多数含む「愛知県選抜」とのテストマッチが実現。すでに「日本代表」として実績を残している長﨑望未、川畑瞳らに痛打を浴び、新たに女子TOP日本代表に選出された海部栞菜に抑え込まれるシーンや鈴木鮎美のプレイに圧倒される場面もあったが、今持てる力の「すべて」を発揮し、世界のトップレベルで戦い続ける「偉大な先輩」たちを相手に、「全力プレイ」で挑み、強化に励んだ。

  平成28年度のGEM3(女子U19日本代表)には、投手陣には、今シーズン、日本リーグの新人賞に輝き、すでに女子TOP日本代表にも選出されている田内愛絵里、同じく女子TOP日本代表に名を連ね、将来を嘱望される「期待の高校生」勝股美咲がおり、野手でも、「次世代の4番打者」として期待され、日本リーグでも5試合連続6本塁打という「離れ業」を演じ、女子TOP日本代表にも選出されている那須千春(今回の合宿には体調不良のため、不参加)、リーグ終盤、飛距離抜群の本塁打を放ち、「天性のホームラン打者」としての片鱗を見せた大型スラッガー・北口美海、今回の合宿でも豪快なホームランを放つ等、その潜在能力の高さは誰もが認める中西舞衣等、将来性豊かな選手が目白押し。

  過去、このGEM3のカテゴリーにあたる「U19日本代表」からは多数の「オリンピアン」を輩出しており、1987年の第3回大会のメンバーからは、松本直美(1996年アトランタ4位、2000年シドニー銀メダリスト)、山路典子(1996年アトランタ4位、2000年シドニー銀メダリスト、2004年アテネ銅メダリスト)、児玉千佳(1996年アトランタ4位)。1991年の第4回大会のメンバーからは小林京子、原田教子、塚田恵美、吹田育子(以上、1996年アトランタ4位)、小関しおり(2000年シドニー銀メダリスト)。1995年の第5回大会のメンバーからは髙山樹里(1996年アトランタ4位、2000年シドニー銀メダリスト、2004年アテネ銅メダリスト)、山田美葉(2000年シドニー銀メダリスト)、伊藤良恵(2000年シドニー銀メダリスト、2004年アテネ銅メダリスト)。1999年の第6回大会のメンバーからは上野由岐子(2004年アテネ銅メダリスト、2008年北京金メダリスト)、増淵まり子(2000年シドニー銀メダリスト)、佐藤理恵(2004年アテネ銅メダリスト、2008年北京金メダリスト)、三科真澄(2004年アテネ銅メダリスト、2008年北京金メダリスト)。2003年の第7回大会のメンバーからは坂本直子(2004年アテネ銅メダリスト)、狩野亜由美(2008年北京金メダリスト)。2007年の第8回大会からは峰幸代(2008年北京金メダリスト)。以上がGEM3(U19)日本代表メンバーを経て、オリンピアンとなり、メダリストとなっているだけに、今後のさらなる成長に期待したい。

平成28年度GEM3(女子U19)日本代表チーム 国内強化合宿 参加選手・スタッフ

選手

*ポジション別五十音順

No. 守備 氏名 所属
1 投手 奥野 初音 シオノギ製薬
2 勝股 美咲 多治見西高
3 後藤 希友 東海学園高
4 田内 愛絵里 トヨタ自動車
5 捕手 鈴木 理恵 日立
6 藤家 菜々子 Honda
7 内野手 貝沼 晴香 東京女子体育大
8 加藤 美稀 東海学園大
9 北口 美海 ビックカメラ高崎
10 重石 華子 日本精工
11 高橋 真子 Honda
12 中西 舞衣 ビックカメラ高崎
13 那須 千春 日立
14 外野手 麻生 佳奈代 伊予銀行
15 加藤 亜実 園田学園女子大
16 田波 里緒子 山梨学院大
17 新居 かなえ 日本体育大

コーチングスタッフ

No. 役職 氏名 所属
1 チームリーダー 清水  正 山梨学院大
2 ヘッドコーチ 宗方 貞徳 厚木商業高
3 アシスタントコーチ 佐藤 洋介 千葉経済大附属高
4 トレーナー 髙松 久美子 SIN CARE
5 GEM4委員 木田 京子 園田学園女子大
6 GEM4委員 佐藤 理恵 東京女子体育大
PageTop